障害年金はいくらもらえますか?

障害年金には障害基礎年金と障害厚生年金の2つがあります。

初診日」すなわちご病気やケガで一番最初に病院を受診した時に国民年金に加入されている方(自営業をされている方やその配偶者あるいは会社勤めされている方の配偶者の方の場合)には障害基礎年金が支給されます。

一方、「初診日」に厚生年金に加入されている方(会社勤めされたいる方)には障害厚生年金が支給されます。

障害基礎年金(初診日に国民年金に加入していた場合)

障害基礎年金1級972,250円+子の加算
障害基礎年金2級777,800円+子の加算
※子の加算1・2人目の子各223,800円
3人目以降の子各74,600円
※18歳になった後の最初の3月31日までの子、または20歳未満で障害等級1級または2級の状態にある子

たとえば

2級該当で子どもが一人いる場合
約78万円(障害基礎年金)+約22万円(子の加算)=約100万円(月額:約8万3千円)

障害厚生年金(初診日に厚生年金に加入していた場合)

障害厚生年金1級(報酬比例の年金額)×1.25+配偶者の加給年金額
障害厚生年金2級(報酬比例の年金額)+配偶者の加給年金額
障害厚生年金3級(報酬比例の年金額) ※最低保証額(583,400円)
※1,2級の場合、障害基礎年金と同時に支給されます。
※配偶者の加給年金額1級・2級の場合のみ
各223,800円
※65歳未満の配偶者

※1.報酬比例部分の計算において、厚生年金期間が300月(25年)未満の場合は、300月   とみなして計算します。
※2.障害認定日の属する月後の被保険者期間は、年金の計算の基礎とはされません。

たとえば

2級該当で子どもが一人いる場合
約78万円(障害基礎年金)+約22万円(子の加算)+60万円(障害厚生年金)+22万円(配偶者の加算)=約182万円(月額:約15万円)

  • 2級以上の場合、障害年金生活者支援給付金も合わせて支給されます。
    1級:6,275円(月額) 2級:5,020円(月額)