うつ病による精神の障害で障害年金の額改定請求ご希望のお客様と面談をさせて頂きました

今日、「うつ病」による精神の障害で「障害年金」の請求ご希望のお客様と面談をさせて頂き、ご契約頂きました。
まことに、ありがとうございました。

このお客様は、20年ほど前、交通事故が原因で「脳脊髄液減少症」で発症されたのですが、最初原因が分からず病院を転々として、たまたま新聞でこの「脳脊髄液減少症」のことを知り、専門の病院を受診し「脳脊髄液減少症」と診断され治療をされていました。

治療の結果、大分良くなられたそうですが、その内うつ症状が出始め、精神科を受診された結果「うつ病」と診断され、現在まで治療を続けるも症状は変わらず、長期間に渡りご不自由されてこられていらっしゃいました。

昨年、たまたま市役所に行かれた時に初めて「障害年金」の話を聞かれたそうです、「もっと早く「障害年金」を知っていれば」と仰っていました。
当センターのホームページの中でもお話させて頂いていますが、残念ながら「障害年金」はまだまだ知られておらず、今回のお客様の様に、長年障害によるご不自由でご苦労されている場合も多く、我々「障害年金」の請求手続きのサポートを専門とする社会保険労務士は、このような方を一人でも減らそうと、日々広報活動もしています。

「障害年金」をお知りになったお客様は年金事務所を2か所行かれて相談されたそうですが、非常に対応が悪く(特に今回は病歴も長く、「脳脊髄液減少症」と「うつ病」の絡みも有ってだと思われますが)、諦められ、今回当センターへご相談を頂く事になりました。

これから、長期間に渡る「障害年金」のお手続きの間、お付き合いよろしくお願い申し上げます。